時間をどれだけ味方にできるか。

先日の記事で投資を始める前に

その目的と目標(金額)を決めようと書きました。

 

もちろんこれは一度決めたらこれで終わりではありません。

社会の状況も自分自身も刻一刻と変化していきますから、

その都度軌道修正していけばよいものになります。

 

例えば、お子さんが一人の時と二人になった時ではプランは変わるでしょうし、

今後結婚したり離婚したりもあるかもしれません。

あまり考えたくありませんが、パートナーとの死別だっていつかは起こることです。

 

いろんな可能性を想定しつつ、

ひとまず現時点で自分が望むライフプランを考えたとき、

ざっくりと必要になってくる金額は見えてきます。

 

それが例えば1年後に50万円が必要なのであれば、

投資で増やすよりも働いて稼いだ方が早いし簡単だと思います。

 

では10年後に教育資金で500万円が必要な場合はどうでしょう?

貯金の場合だと1か月に41,666円を貯めなければなりません。

 

ですが、これが「投資」を活用することで、

想定年間利回り5%で運用できた場合、

毎月の貯金額は32,000円になります。

 

では仮に、利回り10%で運用できた場合はどうでしょうか?

その場合は毎月の貯金額は25,000円になります。

 

では、時間軸をもっと長く持てた場合はどうでしょうか?

仮に15年かけて500万円をつくればよいとすると、

同じ年間利回りが5%でも

毎月の積立は19,000円でよくなります。

 

もし利回り10%の場合ですと、

毎月13,000円の積立でよくなります。

※ちなみに毎月13000円をただ積立貯金するだけだと、
15年で234万円にしかなりません。
目標の500万円にはあとさらに倍以上の時間が必要になります。

 

こうやって見ると、投資ってキモになるのは

運用利回りと時間だということがわかります。


 

運用利回りを1%でも高く伸ばせるか、

時間軸をどれだけ長く味方につけられるか。

 

時間軸を長く持つことが出来ればできるほど、

少ない資金で、無理のない利回りででも資産を形成しやすくなります。

時間軸が短くなるほど、

必要資金が増えるか、利回りを上げていく努力が必要になります。

 

いつかやろうと先延ばしにしているうちに

時間はどんどん過ぎていきます。

 

私自身、15年早く知って、15年早く投資をしていれば

どんなに良かっただろうと心から思います。

 

でも時間だけは戻らないですからね(;_;)

30代前半で知ることができただけ、

本当にラッキーだったなって前向きにとらえて、

せっせと資産形成に勤しんでいます(*^^*)

 

足踏みしていても靴は減るし、

ただぼーっと立っていても筋肉が落ちて足が浮腫むだけです。

 

いきなりセミナーや勉強会はハードルが高い!

という方は是非12月9日のクリスマスランチパーティーに

遊びにいらしてください(^^♪

 

きっと投資が身近に感じられますよ♡

詳細はコチラ↓

https://ameblo.jp/simplelifeinsg/entry-12328130826.htm

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です