『お金って本当に増えるんですか?』

初めてお会いする方によく訊かれる質問です。

『お金って本当に増えるんですか?』

みんな気になりますよね。実際、投資の難易度云々よりも『増えるかどうか』ってことの方が大事だと思います。

増えないならやる意味ないですもんね^^;

ちなみにこの質問をされる方は、前提としてお金は増えないものだという思い込みを持たれている方だと思っています。

増えることを知っている人は今さらこんな質問しないからです。

かく言う私も数年前までは同じようなことを思っていたし、質問していた側でした。

 


で、結論から言っちゃうと…

お金は、増えるもの

です。

バブル世代ではない私達はそもそも金利の恩恵にあずかった経験がないので実感がなくても仕方ないことですが、本来資本主義国家ではお金というのは「ある」だけでお金を生み出すものです。

 

例えば、私達がトルコ人だったとしましょう。

(あくまで例ですのでトルコリラでの投資を推奨しているわけではありません)

トルコでは銀行にお金を預けているだけで年間5.5%の金利がつきます。(2017年12月現在)

※銀行によって4.5%~10.75%で幅があるようです。詳しく知りたい人は都度最新情報をGoogle先生に聞いてみてくださいね。

預金金利5.5%…これがどういうことかというと、

例えば100万円を銀行に預けていた場合、1年間で55千円増えるということです。1000万円なら55万円です。1億持っている人ならなんと年間550万円増えちゃうんですね!

1億あったらトルコでは日本の平均収入より多い金額を1年銀行に預けているだけでゲットできるという事実。。(ちなみに日本の平均年収は420万円です)

要は何もしていなくても、お金を持っていれば、銀行にお金を預けて放置しているだけでお金が増えちゃうってことです。

私達日本人がこよなく愛する銀行預金は、本来ならお金を増やしてくれるものなんですね。

しかーし!現在日本の普通預金は金利が年間0.001%です(みずほ銀行 2017年12月時点)

先ほどと同じく100万円預金していたなら年間101000万円なら1001億円なら1000増えます

10円て!!って感じですが、実はちゃんと増えています。笑

でも1億持ってて1000円て・・・(苦笑)

 


まあ日本の銀行金利を嘆くのが今日の本題ではないのでそれは置いておきましょう。

大切なことは、お金は存在するだけで、お金を増やすものという認識を持つということです。

これが分かると、『お金は増えるものだ』という前提で、お金の学びをスタートできます。『どうせ増えないよね』なんて思っていたら増えるものも増えません。

お金はお金を増やすもの

お金は増えるもの

です。

『お金は増えないもの』なんていう思い込みは、今日で書き換えてしまいましょう♡

 


《おしらせ》

2018年1月~はご提供メニューを刷新します。

「お金って何?金利って何?収入と所得は違うの?投資ってそもそもなんぞや?」という本当にこれから学んでいきたい方向けのセミナーを開催する予定です。

2018年はお金と仲良くなる1年にしましょう♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です