年利30%で運用したら、約2年半でお金は2倍に増えます♡

投資をするにあたり絶対に活用すべきなものといえば、複利運用です。
元本に増えた利息をくっつけて、さらにそれを運用していくことで、資産の構築のスピードを上げようということですね。
{5998F308-F670-4BF7-9A4F-899F862FB39F}
その複利に関してもうひとつ予備知識として知っておくと良いのが…
”72の法則”
です。
これは…
『72を利率で割ると
2倍になるまでにかかるおよその年数』
が算出できちゃう計算式のコトです。

 72 ÷ 利率(%)

2倍になるまでかかるおおよその年数

 

例えば、皆さんが年間の利回りを5%で運用して2倍にしたいとすると…

72÷5(%)=14.4年

つまり、もし元本が100万円なら年利5%で運用した場合、約14.4年で200万円になるってことです。

 

元本が500万円なら約14.4年後に1000万円になるってことですね。

 

ちなみに銀行の金利は今0.001%なので72÷0.001%=72000年

 

元本が2倍になるのは…

72000年後ってことです。

 

いや、生きてへんやろ。笑

てかもう地球があるかさえ謎のレベルwww

 

ちなみに私は平均的に年利30%くらいのイメージで運用してるので、

72÷30 = 2.4年 

約2年半で元本が2倍になる計算で運用してるってことになります。

 

ちなみに年利10%の運用で

72÷10=7.2年

年利20%の運用で

72÷20=3.6年

で元本が倍になるという計算になりますね。

 

こうやって考えると、

せめて年利5%ででも運用できれば、約14.4年後には倍の資産にできるのに、銀行に入れてるだけだと、ただ0.001%の金利がつくだけ。

 

ちなみに元本500万円なら、500万円×0.001%= 50円の利息

※ちなみにここから20%税金がとられるので、厳密には約40円が口座に振り込まれます

 

で、これを14.4年預け続けると…

50円×14.4年=720円の利息

※しつこいけどここから税金とられるので、576円の利息ってことです。

 

500万円元本があって約15年後に口座に増えてるお金が576円て!!

ビッグマックセットすら食べられないぜorz…

 

そう。

例え1%でも3%でも5%でも!!

10%でも20%でも30%でも!

自分で運用して増やせるスキルを身につけるかつけないかで、手元に残るお金が全然違うってことです。

今はひと昔前と違って、投資信託は100円からできちゃうし、FXは最低4円からできる時代です。

しかもスマホでできちゃうこのお手軽さ♡

一生モノの知識を身につけて、ゆったり人知れず資産をつくれたなら超happyだと思いませんか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です